コインランドリーで洗濯

20日(火)です。27日帰国とすると、12泊14日。今日で6泊したから折り返しです。

一昨日、昨日と大荷物をころがしての移動が2日続いたので、今朝は昼までホテルでおとなしくしてました。
午後から、昨日ラーメン屋で隣の席だった駐在の方に教えていただいたコインランドリーに行ってきました。

まず、ホテル近くの本屋(日本の本をおいてます。値段は、日本の価格の1.5~2倍くらいのようです)で
独和・和独が一緒になった辞書を購入、次にデパート地下のドラッグストアみたいな店に行き液体洗剤と柔軟剤を購入。
コインランドリーで洗剤も買えるのですが、液体洗剤の方がいいというので。
ついでに街中のスタンドでカリーブレストを買って、昼飯がわりに立ち食い。
その後、コインランドリーで洗濯と乾燥。洗濯機は1回4ユーロ、乾燥機は12分1ユーロです。

コインランドリーの場所

午後3時くらいに一通り終わったので、ホテルの部屋に戻って情報収集。
そうしたら、JALが21日のフランクフルト便を飛ばす方向との発表が。
乗り鉄がてら、フランクフルト空港の様子を見に行くかということで、ICEでデュッセルドルフ・フランクフルト空港間を往復しました。
行きは、ケルンから小田急流に言うと前展望の席に座れてラッキーでした。

空港の様子ですが、JALのある2タミは閑散、カウンターにやってくる人もあまりいなくて、カウンターの方に10分くらい、今の状況や明日の空席待ちの扱いを聞けました。
おおよその流れは、
①16時45分から空港で空席待ちをしている人の名前をチェックする
②もともとのフライト予定日、当日来た順番、会員ステータス等を総合判断の上、順位を決める
③その時点で無理と判断した方には、申し訳ないがその旨を伝える
④優先順位の高い人から、徐々に案内する
⑤(人によっては?)、搭乗ゲート前で搭乗時間ぎりぎりまで待ち、乗れない可能性もある。その場合、到着時と同じように入国手続きをし荷物を受取ってという流れになる

結局、遅くても4時くらいには荷物を持って空港に向かい、乗れなければまた荷物を抱えて戻る(最悪、夜の9時すぎに)ということになります。
帰りのICEで同行者と話し合ったんですが、とりあえず明日は空席待ちをやめようという方向になりました。
今後の状況変化もありうるので、流動的ですが。

明日は、早起きできれば遠出もいいかなと思ってます。
[PR]
# by sobusen | 2010-04-21 06:16 | 旅行

デュッセルドルフに来ました

19日のフライトがキャンセルになって、そのままフランクフルトにとどまるかとも考えたのですが、
運行再開しない限りフランクフルトにとどまっていても意味ないし、ホテルの予約もしていたしということで
デュッセルドルフに来ました。
ここは、ミニ日本人街があって、寿司屋、ラーメン屋、居酒屋など結構ありますし、日本の食材、
雑誌、本や食玩などもあります。
昨年来た時には撤退が決まっていた三越の跡は、空き店舗でした。

それから、手元のジャーマン・オーストリアパスはあと2日残っているのですが、
これはオーストリアにも行けるのでとりあえず温存して、
ジャーマンレイルパス5日間分をフランクフルト駅で購入しました。

フランクフルト駅の切符売場は、銀行のカウンターのような整理券方式になっているので、
整理券発券機のボタンを押して、整理券をとります。
もらったのが2107番、その時点で呼出中が2000番くらいと100人待ちでしたが
カウンターが18あるので、意外と進みは速く、40分程度で順番がきました。

German Rail Twin Pass 5days 1st classと書いた紙を見せ、
このパスが欲しいというと、「OK,パスポートを見せて」と言われてパスポートを出し
いつから使うのかと聞かれたので、「今日」と答え、あとはカードで支払って終わりです。
バリデート済みなので、そのまま使えます。早速、それを使ってICEに乗りました。
予約なしでしたが、8~9割くらいの乗車率で、2人がけが1か所空いていたのでラッキーでした。

デュッセルドルフでは、まず市内を少し歩いてどこで何が手に入るかを確認し、その後ラーメンを食べました。

P.S
メールその他いろいろな手段で、励ましや情報を頂いている皆さん、ありがとうございます。
気にかけていてくださるということが、一番の心の支えになります。
空港に寝泊まりしているわけではないのでご安心ください。
(って、このブログを見ている方は、そのような心配はしていないでしょうが、
隣人に国際電話したら「空港で寝泊まりしているの?」てきかれたもので)
[PR]
# by sobusen | 2010-04-20 05:39 | 旅行

欠航が決まったわけで

日本時間で19日朝6時(こちらの時間で18日夜11時)に、
19日FRA発の欠航の連絡がメールで来ました。

とりあえず、ちょっと先の予約は持っていて、その日に飛べばほぼ確実に乗れます。
その日より前に乗りたい場合には、現状では、空港に行って空席待ちをしなければなりません。
まずは、飛行再開してくれないと話が始まりませんが。
[PR]
# by sobusen | 2010-04-19 14:42 | 旅行

フランクフルトに着きました

朝9時55分ミュンヘン発ICEでフランクフルトにつきました。
ほぼ全座席に予約が入ってましたが、実際には乗らない人もいて
予約のない人でもほとんど座れているようでした。
我々は昨日予約を入れていたので、普通に座ってこれました。

ミュンヘン中央駅もフランクフルト中央駅も、日曜日ということもあってか
人はあまり多くありません。
日曜日なので、お店が休みで街中は閑散としています。
Sバーンで2駅、そこから地下鉄1駅分(300mくらい?)を歩いてヒルトンに到着
早速ネット接続したところです。

JALのHPによれば、19日日本発便は欠航、
我々が予約を持っているフランクフルト便は、明日朝に運航の可否を決定とのことでした。
まだ、望みはあるわけです。


とりあえず、様子見です。

以下4月21日追記
この日は、その後、まず市内の日本航空事務所のある場所まで行き、外から様子を見てみました。
道路から見上げると、JALの事務所がある3階は電気がついてました。
そのままSバーンで空港に行き、JALのカウンターで話を聞き、本来の19日の予約のほかに26日の予約を入れてもらい、20~25日に空席待ちを入れてもらいました。
16日の段階でJALに連絡すればもう少し早い予約を取れたかもしれないので、その意味では出遅れですね。
Sバーンでフランクフルト中央駅に戻りましたが、この列車は始発だったのか空港駅に10分以上停まっていました。長距離列車駅まで行ってICEに乗った方が早かったかも
フランクフルト中央駅で軽く食事をとり、水や酒等を買い込んでホテルに戻りました。
その後は、ネットで情報収集、夜の11時に帰国便の欠航が決まりました。
[PR]
# by sobusen | 2010-04-18 21:57 | 旅行

ツークシュピッツェ

火山灰のせいで書き忘れてましたが、2日目はツークシュピッツェに行ってきました。

ミュンヘンから10時37分発REでガルミッシュ・パルテンキルヒェンまで1時間強。
途中、シュタルンベルク湖のそばを走るときは、良い眺めでした。

ガルミッシュ・パルテンキルヒェンまで20~30分くらいのところになると
山並が見えてくるのですが、ほとんど雲に覆われていて、山の形がうっすらと見えるだけです。
これは山頂からの眺めは期待できないかな、このままインスブルックに抜けて乗り鉄かなと考えました。
ところが、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンの10分前くらいから晴れてきて、山頂までくっきり見えます。
山があったら登るしかない(??)というわけで、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンで下車しました。

DBのホームの階段を下りて、地下通路を抜けると、すぐに登山鉄道の駅があります。
12時15分発で、終点に13時21分着(ダイヤより早着)。そこから山頂ロープウェイに数分乗って山頂です。

山頂は晴れていて、よい眺めでした。本当の山頂までの道は雪で閉ざされて通行禁止でしたが
そうでなくても行く気にはならない道でした。

帰りは14時発のロープウェイでアイプ湖まで一気に降ります。これは超満員でした。
アイプ湖駅からは登山鉄道で、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンへ
15時4分のミュンヘン行きに余裕で間に合いました。

ガルミッシュ・パルテンキルヒェンから山頂までの往復が、山頂に30分いる時間も含めて3時間
ミュンヘン中央駅を出てから帰ってくるまでが6時間。
今回は、どこにも長居しなかったので、片道登山電車なら、これが最低所要時間でしょう。
ロープウェイは意外と小さいので、これにすぐ乗れなかったりすると、もっと時間がかかりそうです。
山頂にあと1時間、アイプ湖畔の散歩に1時間と考えると
ミュンヘンからの往復で8~9時間とっておけばいいのかなと思います。
[PR]
# by sobusen | 2010-04-18 06:32 | 旅行